校長ブログ

護身法加行、理趣経加行作法の伝授

 7月4日土曜日午後に2年生には護身法、1年生には理趣経の加行の作法を伝授しました。2年生10名、1年生13名です。本校講堂にて行いました。普段は宗教科の教室でするのですが、3密を避けるために講堂としました。彼らは、7月8日から11日の3泊4日にわたって高野山大学加行道場・大菩提院で僧堂研修を行います。外部から切り離され、情報からも遮断されて密教の前段階の修行をおこなうわけです。起床は午前4時で行法ごとに108回礼拝、それを1日3回行います。観音経を徹底的に唱えます。朝夕の勤行はもちろん、食事もきちんと作法に従って行います。僧侶の基本は下座業です。つまり、掃除です。しっかり取り組むことによって心を磨く意味合いもあります。この行によって彼らの人生観、世界観の大きな変容を迫るものとなります。

一覧へ戻る